CONCEPT

Park on the SETONAIKAI

「瀬戸内海の移動を楽しむ、
みんなの公園」をイメージした
新しいフェリーの誕生です。

穏やかなさざ波と心地良い風。
潮のうつろいを映し出す柔らかな陽光。

瀬戸内海の自然を感じながら、ゆったりと流れるくつろぎの時間を思い思いに過ごせるリラックス空間。
ここは、気持ち落ち着く海上の一等地。

「瀬戸内海の移動を楽しむ、みんなの公園」をイメージした新しいフェリーの誕生です。

広島- 呉- 松山をハートでつなぐ“シーパセオ”

船名:『シーパセオ』 --- 海の散歩道
「SEA(海)」と『PASEO(スペイン語で遊歩道)』を組み合わせ、
航路を散策する楽しさや、海上の公園感を表現しました。
シンボルマーク:
広島・呉・松山の3 都市をハートで表し、
それが海上で繋がる様子を表しています。
公園や遊歩道に佇むクローバーの葉の形
(paseo 感)もイメージしています。

DESIGN

Park on the SETONAIKAI
瀬戸内海と船上散歩、
二つの公園を楽しむしかけ

風光明媚な瀬戸内海国立公園を眺めながら、船上自体が公園のように憩える
という非日常感。風を感じる屋外空間の充実、船内の散策を促す空間構成、
思い思いの憩いのスタイルを反映した客室タイプなど、
海上移動を公園のように楽しめる、様々なしかけを取り込みました。

Shiokaze Green Terrace

「しお風のグリーン・テラス」

海上の公園感「Park on the Setonaikai」を満喫する、人工芝のグリーンテラス。
Shiokaze Green Terrace
Shiokaze Gazebo

「しお風のガゼボ」

日差しを遮るガゼボ(あずまや)。瀬戸内海の潮風と陽光をしばし楽しむ憩いの空間。
Shiokaze Green Terrace

「しお風のグリーン・テラス」

海と風と太陽。
海上の公園感「Park on the Setonaikai」を満喫する、人工芝のグリーンテラス。
Shiokaze Gazebo

「しお風のガゼボ」

日差しを遮るガゼボ(あずまや)。瀬戸内海の潮風と陽光をしばし楽しむ憩いの空間。
Shiokaze Gazebo

Interior Concept

快・会・開ー様々な過ごし方を想定した“3つのKAI”コンセプト
『海上の公園』をコンセプトとする新造フェリーでは、 多種多様なお客さま一人ひとりが、思い思いに過ごす ことができる憩いの場づくりを目指しました。 「3つのKAI」をテーマにしたゾーニング内に、 個別のKAIを体感するユニークな場を設けています。
瀬戸内海汽船の新しいフェリーの写真

1.静かにゆったりと過ごす「快適」のゾーン

Cruise Court

瀬戸内海の眺望を楽しみたいお客様に、 仮眠を取りたい方、PC作業をされるビジネスマンなど、 様々なシーンに対応する多様なシートを設けています。 開放的なフェリー空間においてもプライベート感やプライバシーに 配慮した空間づくりを行っています。

パノラマソファ

Panorama Sofa

Panorama Sofa

「パノラマ・ソファ」

進行方向目前に広がる景色を楽しむ、
階段状にレイアウトされた前方眺望席。

リラックスシート

Relax Seat

「リラックス・シート」
リクライニング可能な、ゆったりとした座り心地。
パソコンが置けるミニテーブルを完備。

海の見える小窓

ごろ寝しながら海が見える小窓がついています。

GORONEエリア

GORONE area

「GORONE(ごろね)エリア」
フェリーならではの醍醐味。
波に揺られる感覚を肌で感じるごろ寝スペース。

瀬戸内海の眺望を楽しみたいお客様に、 仮眠を取りたい方、PC作業をされるビジネスマンなど、 様々なシーンに対応する多様なシートを設けています。 開放的なフェリー空間においてもプライベート感やプライバシーに 配慮した空間づくりを行っています。

OZASEKIエリア

OZASEKI area

「OZASEKI(おざせき)エリア」
靴を脱いで座敷に上がる感覚でくつろげるリラックス御座席(おざせき)。カーペットの上でくつろぐことができる個々にセパレートされたプライベート空間です。

2.仲間との会話を楽しんだり飲食ができるゾーン

Oasis Court

少人数から大人数まで、グループで活用できる飲食コーナーとして、リフレッシュ・ラウンジや、靴を脱いでくつろげる小上がり席を設けています。また、お一人でも利用できる飲食スペースとして、充電、PC利用も可能な、海に臨むカウンター席も用意しています。

リフレッシュラウンジ

Refresh Lounge

Refresh Lounge

「リフレッシュ・ラウンジ」

船上の軽食を楽しむテーブルスペース。
ほっと一息、旅の合間のブレークタイム。

パノラマカウンター

Panorama Counter

「パノラマ・カウンター」

海を見つめながら、一人の時間を過ごせるカウンター席。充電、PC利用も可能です。

少人数から大人数まで、グループで活用できる飲食コーナーとして、リフレッシュ・ラウンジや、靴を脱いでくつろげる小上がり席を設けています。また、お一人でも利用できる飲食スペースとして、充電、PC利用も可能な、海に臨むカウンター席も用意しています。

こあがりエリア

KOAGARI area

「KOAGARI (こあがり)エリア」

靴を脱いでくつろげるカーペット敷きの「小上がり席」。グループや家族で、テーブルを囲み食事をしたり楽しく会話できる団欒スペースです。

3.光と風と航跡、開放的な海を楽しむ船尾ゾーン

Vacance Court

屋上へとつながる螺旋階段を備えた開放的な半屋外空間と、たなびく引波(航跡)を室内から楽しめる船尾客室を備えています。メイン客室から中庭を隔てた船尾の離れは、子供連れや団体でも気兼ねなく利用できるスペースです。

ひき波のHANARE

Hikinami HANARE

「ひき波のHANARE(はなれ)」

靴を脱いで上がる展望リビング。後方に描く引き波の景色を家族やグループで楽しむことができる、後方のハナレです。

Soyokaze Patio

Soyokaze Patio

「そよ風のパティオ」

前方客室と後方客室とをつなぐ、半屋外空間。心地良い瀬戸内海のそよ風と太陽を感じる船上のパティオ(中庭)。

屋上へとつながる螺旋階段を備えた開放的な半屋外空間と、たなびく引波(航跡)を室内から楽しめる船尾客室を備えています。メイン客室から中庭を隔てた船尾の離れは、子供連れや団体でも気兼ねなく利用できるスペースです。

FACILITIES

繁閑期・季節変化へ適応する柔軟なシート

サービスが集約された中枢スペース

ジャンプ・アップ・シート

ジャンプ・アップ・シート

通常時、通路として利用しているスペースに、繁忙期の座席数拡張に対応可能な跳ね上げ座席を設置しています。

ラゲッジスペース

ラゲッジ・スペース

大型の荷物置き場に、跳ね上げ座席を組みました。 閑散期は荷物置き、繁忙期には座席として利用できるフレキシブルなスペースです。

サービスが集約された中枢スペース

売店スペース

売店スペース

船内中央部には、カフェ、フードコート、売店、インフォメーションなど、船内に必要なあらゆるサービスが集約されています。

その他の設備

●エレベータ ●車椅子スペース ●インフォメーション ●運航情報モニタ ●フリーWi-Fi ●モバイル用電源 等
※詳細の設備およびデザインは予告なく変わることがあります。

SPEC

フェリーの図面

外構設備配置

Aしお風のガゼボ [Shiokaze Gazebo]

Bしお風のグリーン・テラス [Shiokaze Green Terrace]

Cそよ風のパティオ [Soyokaze Patio]

シート配置

Dパノラマ・ソファ [Panorama Sofa]

Eリラックス・シート [Relax Seat]

FGORONE(ごろね)エリア [GORONE area]

GOZASEKI(おざせき) エリア [OZASEKI area]

Hリフレッシュ・ラウンジ [Refresh Lounge]

IKOAGARI(こあがり)エリア [KOAGARI area]

Jパノラマ・カウンター [Panorama Counter]

Kひき波のHANARE(はなれ) [Hikinami HANARE]

設備配置

L売店 [kiosk]

Mラゲッジ・スペース [Luggage Space]

Nジャンプ・アップ・シート [Jump Up Seat]

フロアマップ

■諸元

船種:旅客船兼自動車渡船 / 全長:61.00m / 垂線間長:55.00m / 全幅(型):13.60m / 深さ(型):3.80m/構造喫水(型):3.15m
/ 満載喫水(型):3.00m/総トン数:980t/ 主機関:ニイガタ6MG26HLX×2基/旅客定員(3H未満):300名
/ 車両積載台数:35台(乗用車換算)/航海速力:15.0ノット


■コンセプト:瀬戸内海汽船プロジェクトチーム & GKデザイングループ (GK-DRI:共創ワークショップ運営)

■デザイン:GKデザイングループ (GKデザイン総研広島:内外観デザイン&ブランディング)

■建造:株式会社神田造船所