2020年夏頃就航!

観光型高速クルーザー

SEA SPICA

シー・スピカ

瀬戸内海汽船グループは、
2019年5月8日に締結した

「せとうちエリア海事観光の
振興に向けた連携協定」に基づき、

観光型高速クルーザー「SEA SPICA」を
造船しています。

2020年夏のオリンピック・パラリンピック
開催時期に合わせた竣工・お披露目を
目指しており、
同年秋の「せとうち
広島デスティネーションキャンペーン」
開催期間をはじめ、
国内外からのお客様に
ご利用頂けることを期待しております。

CONCEPT

瀬戸内観光型クルーザー

「SEA SPICA」(シー・スピカ)

SPICA(スピカ)とは、豊穣の女神を象徴する乙女座の一等星で、日本名を真珠星と言います。
この船が、瀬戸内の海で青白く美しい輝きを放ちながら、お客様を自由で開放的な旅に誘いたい、
という思いを込めて命名したものです。

・瀬戸内の多島美を贅沢かつ効率よく楽しむための設備および高速性能を具備
・デッキを含めたバリアフリー対応
・訪日外国人旅行者にも快適にご利用頂ける船内設備
・旅行会社によるチャーターにも適した90人程度の座席定員

AMBASSADOR

STU48の「SEA SPICA」
アンバサダー就任について
「SEA SPICA」アンバサダーに、STU48が就任することが決定しました。
STU48の皆さんには、船舶完成までの造船工程をレポートしていただき、瀬戸内の島々をめぐる観光の魅力を全国に発信していく予定です。
STU48について
  • ・国内6番目のAKB48 姉妹グループとして2017年3月に誕生。
  • ・「瀬戸内」エリアを本拠地とし、「1つの海、7つの県」を中心に活動するAKB48グループ初の広域アイドルグループ。
  • ・瀬戸内(SeToUchi)の頭文字からSTU48(エスティーユー フォーティエイト)と命名される。
  • ・瀬戸内海を主とした船上劇場というスタイルで、歌とダンス・トークから構成される公演を各港で展開中。

NEWS

2020-07-22

シースピカ建造進捗ご紹介

2020-07-06

2020/07/06 シースピカ進水式

2020-07-03

2020/07/02 シースピカ建造報告。瀬戸内クラフト様訪問

2020-03-11

2020/3/10 シースピカ反転式

2019-11-06

シースピカの起工式が行われました。

DESIGN

外観

濃い青色と、真っ白なボディとの対比を基調に、瀬戸内の夕焼けをイメージする金色がPOINTで入っています。

客席1階

・従来の高速船とは異なる特注ソファ型座席
・各席にテーブルやドリンクホルダーを設置
・窓側の座席を少し外側に方向け、 背ずりもやや低くすることで、窓から景色をお楽しみ頂けるように工夫

・Wi-FiやAC電源はもちろん、 訪日外国人旅行者にも対応出来る高音質・高画質の案内設備
・観光ガイドやお土産物等の販売を行います

・フリースペースとしての屋外デッキ
・瀬戸内の島々をイメージしたユニークなソファを設置
・バリアフリー対応として階段に昇降機を設置

Designer

川西 康之(かわにしやすゆき)氏

建築家、デザイナー。イチバンセン代表取締役

Profileプロフィール
・1976年 奈良県生まれ
・2014年 株式会社イチバンセン ICHIBANSEN 設立
・2020年 春運行開始予定
JR西日本「WEST EXPRESS 銀河」のデザインも手掛ける
Masterpiece代表作

・土佐くろしお鉄道 中村駅リノベーション

ブルネル賞 他12賞

・肥薩おれんじ鉄道 ロゴタイプデザイン

ロゴタイプデザイン最優秀賞

・枕崎駅 駅舎

グッドデザイン賞

・えちごトキめき鉄道「えちごトキめきリゾート雪月花

国際デザインアワード 公共デザイン部門最優秀賞他6賞

COOPERATION

海事観光の推進に向けた
官民の連携について

 本船の建造にあたっては、独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構(JRTT)が2018年度に創設した「国内クルーズ船」の共有建造精度活用の、第一号案件として2019年9月17日に内定を受けたところです。

 今回の新造船舶の導入を海事観光の推進につなげ、国土交通省が海や船をより多くの方々に楽しんで頂くことを目指して推進する「C to Sea プロジェクト」にもせとうちエリアから貢献し、誘客拡大を目指します。

PAGE TOP